水素水で元気になろう倶楽部

もう迷わない!自分にぴったりの水素水の選び方

今、ますますブームになっている水素水を試してみたことはありますか?
水素水といってもたくさん種類が揃っています。
形状の違いとして、ボトル、アルミパウチ、サーバーや生成機まであります。

 

一体どれが一番いいのかと迷う人も多いようです。
どれを選ぶかは、求める水素の濃度とかけられるコスト、
さらに自分のライフスタイルによります。

 

代表的な製品を比較しても
水素の濃度は0.5ppmから5.0ppmくらいの差があります
やはり高濃度を謳った商品は価格も高めです。

 

また、どのくらいの濃度かというのも大事ですが、
一日どのくらい飲むかも考える必要があります。
人は一日2リットルくらいの水分を摂取することを推奨されているようですが、
季節や体調、個人差も大きいので、一概にはいえません。
あまり水を飲まない人は
高濃度のものを効率よく飲んで水素を摂取するという方法も良いようです。

 

また、気になるのが価格です。
1リットルあたりの価格も数百円から千円以上のものまで大きな差があります。
水素水は短期間だけ飲めば効果があるものではありません。
長期間の使用を前提に購入を考えていかなければいけないのです。
実際のその価格で続けられるかをお財布と相談してみてください。
半年、1年、5年でいくらかという試算をするとわかりやすいです。

 

そして、自分のライフスタイルとも合っているかを考えてみましょう。
たとえば、毎日家にいることが多いなら、
サーバーや生成機で作りたての水素水を飲むことができます。
水素は分解されやすいので作りたてを飲まなければ濃度が下がってしまいます。
外出することが多い人はサーバーや生成機よりもボトルやアルミパウチ、
もしくは携帯式のものが便利です。
工場でパックされたボトルやアルミパウチはやはり品質に信頼がもてます。
家庭用のサーバーや生成機よりも
圧倒的に工場の設備の方がランクが高いからです。
最近流行している携帯式は作りたてをいつでもどこでも飲めるので
従来の生成機とボトルタイプの良いとこ取りのようですね。

 

このように、水素水の選び方は人それぞれです。
なかでもサーバーや生成機は初期投資が高価なので、失敗できません。
水素の濃度、コスト、ライフスタイルをもう一度考えてから、
自分にぴったりの水素水を選んでくださいね。